どこか懐かしいイメージがおしゃれなレトロな浴衣の秘密

近年はどことなく説明しづらいのですがNHKの大河ドラマに出てくるような昔のおしゃれさんを彷彿させる昔なつかしい、柄や形のものが人気急上昇中!
古さどころかどこか懐かしく落ち着く感じのものから、20代の比較的若い世代の人が着ると洋風のものを日本人風に取り入れはじめた大正時代のまさに「大正ロマン」の“はいから”という言葉がぴったりなイメージと移り変わって現代的なおしゃれな印象になって二重丸。
よく通販サイトの売れ筋を見ても革新的なデザインより、かえって昔の模様をあしらった柄がモダンで個性的なおしゃれ感を演出して人気があります。 連想される柄はストライプやモザイクなどの古典的で大き目の柄というのが一般的です。小さな模様などをあしらったものではなくどちらかというと大きく線や四角を基本にして柄が作られているものがよりそれっぽい印象で、おすすめできます。
近代的なものの場合幾何学的な模様から、ビビッドなカラーを使用した洋風の絵画を思わせる柄のものまでいいものもたくさんありますが、レトロ柄はおしゃれでいてあまりトゲトゲしていなく、古い時代のいいところと
今の時代のいいところを併せ持った柔らかな印象
が浴衣のなかでいちばん人気の秘密かもしれません。
あなたのお探しのイメージどおりの浴衣を通販で探しやすいようにひとつに集めてみました。
買う予定さえもなかったひとでもお店の中見渡しているといつしか虜にされてしまうほどのお気に入りを見つけてしまったりすることはよくあるお話し。
けれど後になって「買っておけばよかった」と思う後悔のほうが買ってからの後悔よりも大きいのではありませんか?

前に出過ぎない個性が魅力のモダン

昨年に引き続き、今年もいちばんのおすすめはやっぱりこの類のレトロ柄ではないでしょうか。
温かみのあるまるで骨董品を眺めているような趣のある浴衣は 着ている自らだけでなく周りを落ち着いた気持ちにさせてくれる
一種独特の雰囲気が、見た目のモダンさとも相まって おしゃれな印象をグッと引き立ててくれます。
古き良き時代を思いださせるどこか懐かしい 大正ロマンとか戦後日本が洋式を果敢に取り入れた頃を彷彿させる モダンなイメージが逆に現代的でおしゃれ!
おしゃれでいて柔らかで女性的などこか懐かしさや温かみのある印象が2016年という新たな年になっても人気がある秘訣となっていそうです。
“はいから”という言葉が良く似合う、あまり押し出しすぎない どこか自然体いて、さりげなく個性をアピールしてくれる…
そんなナチュラルな健康的なおしゃれさが若い世代を中心にウケている秘訣だと思います。 あまり流行を追うのは好きじゃない!とか、
人とは違った趣向で個性的でいたい。なんて思っている方にはぴったりの浴衣です!