通販に見る2018年の浴衣ファッションの動向

ほんのちょっと前までは、浴衣はごく一部の若い世代しか着たりしなかったのに、今では花火大会など夏のお祭りイベントでは若い子はもちろん、主婦の方やそのお子さん会社勤めのOLさんなども一般的に広まってきました。
その背景には老舗の呉服屋さんや大手メーカーの浴衣市場への参入で、その年の話題になるほどの有名なモデルさんを起用したり、アーティストとコラボしたり工夫を凝らしたテレビCMなど若い世代の広く認知されるように広告の形態も幅広くなって手に入れやすさを加速させました。10年ほど前などと比べると幾度となくテレビで頻繁に見かけるようになり身近に感じられるようになりました。
また、古くからある着物と同じ流れで、どうしても「専門店」や「高い」というイメージがあったのですが、いろんなメーカーやブランドがこぞって独自に新商品を開発することで、価格もどんどん安くなり、老若男女問わず誰もが認める日本の夏の風物詩となっていることは間違いありません。
以前から名の知れたGRLやツモリチサトなどのブランドやメーカーさんの浴衣はもちろん、一昔前までは浴衣などとは無縁だった多くのファッションブランドが手掛けたり、最近よく見る芸能人プロデュースとかコラボしたブランドが多く出現しました。またテレビドラマやイベントで芸能人が着る浴衣が「あれは、どこの?」と毎年SNS上で話題になったりします。通販で売り切れ続出になる商品も出てくるのがこの時期です。
デザインも昔ながらのレトロや可愛いビビッドカラーを用いた 大き目の柄ものから、古典柄などエレガントな洗練された大人系、はたまた10代~20代前半の方に特に人気の高い浴衣ドレスや小さなお子さんでも着やすくなっているセパレートタイプのもなまで、選ぶ種類が豊富なっています。

はんなり浴衣の選び方…

夏の風物詩として古くから愛されている浴衣は肌の露出が少ないので体型などを気にすることなくどなたでもおしゃれを楽しめるものです。
基本的に自分の好みのものを選んで気をてらうことなく自由に着ることがいちばんです。いまでは帯やバッグ、下駄などもセットになったものが主流になってきているので 帯などを分けて購入する場合の浴衣と帯の色合いのコーディネートに頭を悩ませる必要もあまりなくなってきました。
どこか奥ゆかしさも兼ね備えた日本独自の伝統として受け継がれてきた浴衣には華やかなイメージもおしとやかな印象も、大人っぽさを演出したいひとも あなたの“感性”で、自分らしさを最優先に選ぶことが大切なポイントといえるでしょう。
また、浴衣はその日本古来の着物にも似た伝統と趣が残る柄やデザインも大きく変わることがあまりなく流行に左右されないのが特徴。 その独特の特性上、逆にあまり奇抜なものや個性が強すぎるものは周りから見ても受け入れられにくい傾向にあります。
本来の浴衣が持つ日本の女性的なイメージを重んじて、選ぶベースカラーでも大きく左右され帯の色、またはバッグやアクセサリーの組み合わせによって遊んでみるやり方が、
流行も取り入れながら「日本のおしゃれ」を楽しむいちばんの秘訣です。
どこか懐かしさも感じさせながら革新的な柄デザインだけでも充分人目を惹き毎年、大変人気のあるレトロモダンと呼ばれる柄の浴衣がよい例だと思います。
以上のことを参考に選んでいる際に思い出して頂けるといいお買い物の手助けできるかもしれません。
最新の中からとっておきの自分の好みの一枚を見つけるための浴衣の選び方はとても大切です。これから浴衣を選ぶ際の参考にしてください。